Home > 山里農園紹介

あきお林檎ファームのご紹介

あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園1 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園2 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園3 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園4
あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園5 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園6 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園7 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園8
あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園9 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園10 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園11 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園12
あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園13 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園14 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園15 あきおファーム 農園の紹介|リンゴ農園16

あきおファームの園地は、北国本州最北の青森県津軽湯の郷・雪の郷・りんごの郷目指す大鰐町お城と桜で知られる弘前市の隣に位置し、林野庁森の巨人たち100選指定大鰐の神木がある山里の小さな家族経営農家です。のどかな山々に囲まれた自然あふれる農地と世界遺産白神山地系の清水で生産した新鮮な本場の青森県産青森りんごと山実りんごジュース 青森米つがるロマンを栽培お米玄米農家直送通販 農園産地直送通信販売致しております。

本物の味を目指して

安全、安心はもちろん美味しくお求め安い農作物を提供したい思いと当農園のりんごとお米を栽培した中で感じる災害に遭えば苦しみ、満足の仕上がりに出来た時の喜びと感動を皆様へお伝えしたい事と市場出荷等では築けない目に見える産直品の販売を通じてお客様とのつながりを強めたい想いで津軽の山里から情報発信致しますのでよろしくお願い致します。りんごの食味を上げるには土と日光、葉がとても大切な事と言われます。りんごの食感が一人一人違う様に青森県産青森りんごをはじめ長野県 岩手県 山形県秋田県 福島県 群馬県 北海道などのりんご生産地域でも栽培する人によって色々なりんごの味があってもいいと思います。熊被害に遭う程の自然あふれる環境で育てた当園の美味しいりんごを農家新鮮直送致します。りんごが大好きなお客様へ他には無い、感動のりんごの味を楽しめる当園のりんごを是非一度お取り寄せ願います。
りんごの着色が良い事に越した事はありませんが、当農園のりんごの木はいわゆる着色系統のりんごの木は1割もなく昔ながらのりんごを手間はかかりますが、りんごに袋をひとつひとつ掛けた栽培(有袋主力)を主に山手特有の寒暖ある気温の違いで、津軽では山実りんごと呼ばれ一般の平地産りんごと比べ当農園のりんご果実は収穫期に入り熟しても硬く食味はコクがあり新鮮な青森県産青森りの本物の味を楽しめます。

りんご ふじ

栽培 りんご品種

  • 有袋ふじ サンふじ
  • サンつがる
  • あいかの香り サンあいかの香り
  • 金星
  • 紅玉
  • 早生系ふじ ひろさきふじ

りんご 食の安全、安心

りんご使用農薬について無登録農薬などはりんご園地に一切使用しておりません。
JA等の防除暦に照らし合わせて適正にりんご園地に散布しており年間11回(特別散布含む)りんご品種 サンつがる年間7回
りんご園地に肥料は現在の所、化学肥料(有機質含有54%)を使用し、園地の土壌を良くする為にりんご園には除草剤は全く使用せずに適時、草刈機械でりんご園の草刈り作業を実施致しております。
果実は洗ってから食べる様にと言われますが当園で育てたリンゴを私を含めて家族は洗って食べた事はありません(果実を洗うのが基本です必ず洗って食べてください)自分で薬剤散布を行い安心だと判っているからこそかも知れませんが 。現在ではりんご市場JA等に出荷する場合必ず生産履歴(りんごへの薬剤及び肥料の品名 散布量 散布日りんご作業の日誌)の提出を求められ提出しないと出荷できません。当園ではりんごへの最終薬剤散布は9月中旬散布しており、薬剤には必ず収穫前何日まで散布可能と明記されております。当園では遵守致しており安全、安心なりんごを提供いたしております。平成23年東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染により食の安全に対する関心がさらに高まりました。消費者の皆様へ安心、安全な農産物を提供するために青森県では農林水産物の放射性物質の調査及び調査結果を発表致しております。24年3月現在県発表では検出されていないと発表し平成24年4月1日より食品に含まれる放射性物質セシウムの基準値が野菜、穀類500ベクレルから100ベクレルに引き下げられ今後も県産品の検査を継続して行なうとの発表がされました。詳しくは、ウェブ 青森県 放射性物質調査の結果を検索頂ければと思います。

りんごの効能 1日1個りんごを食べると医者を遠ざけると昔から言われており、放射性セシウム体外排出にりんごを毎日2個食べると効果があると研究発表されております。りんごに含まれているペクチン、カリウム、クエン酸、ブドウ糖、りんごポリフェノール、ビタミンCなどを取り入れることにより、栄養補給 整腸効果 食欲増進 高血圧予防 抗アレルギー作用 美容効果 免疫効能等を高めるなど健康維持に小さなお子様からお年寄りまでりんごをお勧め致します。

あきおファームのお米

米の品種は、コシヒカリの孫にあたる青森県津軽地域作付け推奨のつがるロマンを栽培しており育苗から籾の乾燥機調整まですべて外部に委託すること無く家族で作業致しております。山間地の冷涼な気候に恵まれているので水田への除草剤散布1回(水田により2回)散布農薬は種子消毒1回カメムシ防除1回散布と減農薬で身体にやさしいお米作りを目指しております。
あきおファームのこだわり おいしいお米と言われる条件 豊土 清水 お米に合った気候と生産者の米に対する年間を通した想いが必要です。最終的にいくら品質よく収穫出来たとしても籾の乾燥を品質良く仕上げる事がおいしいお米ポイントと言われます。お米収穫後天日干し乾燥仕上に勝る物は無いと思います。当園のお米は天日干し乾燥の仕上げではありませんが、お買い上げのお客様に提供するお米は、お日様に含まれる遠赤外線を利用した穀物遠赤外線乾燥機にて籾を2段階に分けてゆっくりお米を乾燥仕上げし 遠赤でお米の内部から乾燥することで循環型熱風乾燥機より食味、ねばりが向上し天日干し乾燥仕上げに近いお米を提供する事が出来ます。
山間地の為、水温が冷たくお米の収量は多く望めませんが、世界遺産白神山地系の自然あふれる山の清水で作ったお米は(商品とわだの恵み生活排水無しで栽培したお米です)健康をとお考えの方にお勧め致します。当農園が在る津軽地域つがるロマンの米評価に関しては産直商品案内お米商品案内にて発表致しております。     おいしいお米のたき方 お米は水にくぐらせた瞬間から吸水を始めるので、すすいで水を切った後、とぐのは2~3回最後にもう一度すすぎ終える迄、2分以内に終わりましょう。冷たい水に1時間ほど水に浸して下さい。炊飯器の容量の6割から8割程度でお米を炊いたほうがおいしく頂けます。

美味しい青森りんご、青森米をつくるため試行錯誤している現状ですが、品質は毎年向上していると
思います。青森の正直 青森県産である当農園の青森りんごと青森米を是非一度ご賞味ください。

あきおファーム 代表 渡辺 昭雄
〒038-0233 青森県南津軽郡大鰐町居土字高野新田37-1
TEL/FAX:0172-48-5844
URL:http://akio-farm.com/
メールアドレス:mail@akio-farm.com

Home > 山里農園紹介

メタ情報

Return to page top